代謝力

セサミンでアルコール代謝を促進

セサミンはゴマに含まれる成分で、様々な健康効果や美容効果も期待されています。
その中に肝臓の働きをサポートする作用も含まれます。
普段からお酒をたくさん飲む人は、セサミンを積極的に摂取する事で、肝臓の働きをサポートする事も可能です。
セサミンの持つ効果と、どのように摂取すればいいかを紹介しましょう。

食べ物から摂る栄養素は体内で一度分解してから吸収されます。
大抵は血液に吸収されますが、セサミンは血液には吸収されず肝臓まで届きます。
肝臓はアルコールを分解し毒素を排出するフィルターのような役目があります。
アルコールを分解する時には酵素を必要としますが、セサミンはこの時使われる酵素の働き高める作用があります。
アルコールが効率よく分解されないと、悪酔いや二日酔いの原因となりますが、セサミンがアルコール分解をサポートすれば、悪酔いや二日酔いも防げます。
セサミンはアルコールに含まれるアセトアルデヒドの急性毒性を和らげる作用もあるため、肝臓にも優しい働きかけができます。

セサミンで肝臓をサポートするには約10gが必要ですが、ゴマを食べる場合は硬い殻に包まれているので、そのままよりもすりつぶしたほうが効率よく吸収されます。
10gの目安は大さじ1杯ですが、足りない場合はセサミンサプリメントでも代用できます。