代謝力

身体を活性化させるセサミンとタウリン

健康維持のためにセサミンを取り入れるのはとても良い事ですが、セサミンには肝臓の働きをサポートする作用があります。
お酒をたくさん飲む人は肝臓の働きをサポートするセサミンの摂取をおすすめしますが、効率を高めるためにタウリンの同時摂取をしてみましょう。
セサミンは血液中で溶けずに肝臓まで届き、肝臓の機能をサポートする作用があります。
これだけでも肝臓を労われますが、さらに効果を高めるためにタウリンをプラスしてください。

タウリンは肝臓に良い成分としても知られています。
魚介類に多く含まれる成分ですが、中でも牡蠣には豊富なタウリンが含まれます。
タウリンは肝汁の分泌を促し、肝臓が負ったダージを修復する作用があります。
お酒をたくさん飲む人はどうしても肝臓を酷使しますので、見えないところで傷を負えばそれを修復しなければいけません。
セサミンが肝臓の働きをサポートし、タウリンがダメージ修復をサポートすれば、肝臓を労わる事ができます。

セサミンとタウリンには、細胞を活性化させる作用と、コレステロール値を下げるという共通の作用があります。
中高年になると基礎代謝が低下し始めるため、疲れやすくなります。
これに伴いコレステロール値も高くなる傾向があるので、セサミンとタウリンの組み合わせで、体を活性化する効果も期待できます。
セサミンで元気になったお話もあります。